THE TIME IN A DAY

先輩社員の1日

THE TIME IN A DAY

リフォームアドバイザーの先輩社員の1日に密着!

日々のお客様の課題解決に奔走するリフォームアドバイザーに密着し、
ある1日の仕事の流れをご紹介します。
先輩の仕事ぶりを通して、あなた自身の入社後の働き方をイメージしてみませんか。

[リノベーションプランナー]

初村 伸一SHINICHI HATSUMURA

2017年入社

午前
先輩の1日

8:00メールチェック

メールは1日に50~60件届きます。社外よりも社内のやり取りの方が多く、優先順位が高い情報を共有しなければならない時はメールと電話で伝えるなど、伝え漏れがないことを意識しています。

先輩の1日

9:00物件案内資料、資金計画準備

電話やメールで得たお客様のニーズを基に、問い合わせいただいた物件情報をはじめ、いくつかの推奨物件情報も準備します。
合わせて、購入にかかる諸費用やリノベーション工事費用を踏まえた資金計画表も作成します。
弊社では漠然とした将来の「見える化」をする為に、ハイアーFP営業手法を取り入れています。

先輩の1日
先輩の1日

11:00物件下見とオーナー様への連絡

お客様をご案内する際は、必ず事前に自分自身でご案内する物件の下見をし、その際は周辺環境も調査します。
案内のアポを取得するのと同時に、物件の状況などを確認します。
オーナー様との信頼関係も大事なポイントになります。

先輩の1日

12:00ランチタイム

社内で食べることもあれば、社外で食べることもあります。
先輩や同期とのランチの時間は気分転換になるだけでなく、仕事中ではできない話ができるため、仲良くなれるきっかけになります!

先輩の1日
午後
先輩の1日

13:00物件案内・契約

物件をご案内している時は、お客様のニーズをお聴きする最大のチャンスです。会話の中から理想のお住まいをヒアリングし、より的確な提案へと繋げます。
お客様の真のニーズにお応えすることが信頼関係の構築へと繋がります。

先輩の1日

15:00打ち合わせ・書類作成など

ご案内後、お客様を事務所にお連れし感想をヒアリングします。
ヒアリングした結果を具体的に整理し、今後の提案に活かします。
情報量の多さが他社営業との差がつくポイントになります。

先輩の1日
先輩の1日

19:00退社(水・日曜は18:00)

受注業務がいちばん集中する金曜日は遅くなることもありますが、水・日曜日は全社一斉退社で18時に帰宅し、家族や同期と遠出したり、健康のために筋トレなどに励んでいます。